ダウンタイムを抑える

コットンをたくさん使うclass=

プチ整形は基本的に手術をしません。
そのため顔にメスを入れることをためらう人にも抵抗なく受けることができる施術です。
目の下のクマにはレーザーで治療を行います。
顔のたるみをとる方法としては、ヒアルロン酸の注入で、しわやくぼんだ個所をふっくらさせ、はりを取り戻す方法があります。
またボトックスの注射で表情筋に働きかけ、しわを消すことで、顔全体にはりがでて、しわとたるみが解消されます。
これらの注射は、ヒアルロン酸などが体内に吸収されてしまうため効果が半年から1年しか持続しません。
そのため定期的に通う必要があります。
たるみは皮膚を支えているコラーゲンやエラスチンの減少によって生じます。
現在はレーザーや高周波、超音波などを肌に照射し、皮膚の奥の組織を刺激し、活性化させ、コラーゲンやエラスチンの再生を促すことで、肌のはりと弾力を取り戻す施術が行われています。

美容外科では手術をすることにためらいがある人や若い人に、手術ではなく、注射やレーザーや肌再生因子の注入や自身の脂肪の注入を勧めています。
もっとも新しい方法として注目されているものが肌再生因子の注入です。
これは細胞の増殖や分化を促進するたんぱく質を注入するもので、医療現場では傷の回復の早さと完全さが大きく評価されています。
この物質をグロスファクター(成長因子)と呼びますが、美容外科ではたるみなどの治療に使用されています。
成長因子が肌の組織を活性化させ、コラーゲンやエラスチンを生産する細胞を活性化させます。
それによって、肌の土台から整い、弾力のある肌を取り戻すことができます。
また肌の深層から刺激することによって、しわやしみなどにも高い効果があります。